PCR検査を受けました。新型コロナウイルスは本当に怖いです。

こんにちは

ヒロです。

PCR検査を受けました。新型コロナウイルスは本当に怖いです。

PCR検査を受けました。

本当に新型コロナウイルスの脅威を感じました。

今までは、

・コロナウイルスになっても、持病がなければ問題ない。
・通常の風邪と症状が変わらない。
・若い人は重症化になりにくい。
・マスクしておけば大丈夫。
・インフルエンザにもなっていないから大丈夫。

こんな楽観的な考えでした。

まさか自分がPCR検査をすることになるとは・・・

4月4日土曜の夜、
上の子に咳と熱と嘔吐の症状が出ました。

体温が38.6度となったので、
念の為、夜間小児科を受診しました。

診察は、風邪でも引いたのでしょうと、
解熱剤を処方してもらいました。

その後、1週間経過しても、微熱と咳が続きました。

4月11日土曜の夜、
今度は0才児が39.5度の熱がでましたので、

また夜間小児科に行くことになりました。。。

風邪でも引いたのでしょうと、解熱剤を処方してもらいました。

4月13日月曜日、
上の子の咳が止まらず、変な咳をするので、

会社を休んで、小児科に連れていきました。

微熱が1週間続いており、咳の症状が続いているので、
レントゲンと採血をすることになりました。

レントゲンの結果、肺に少し影が確認できたので、
肺炎の疑いがあると診断されました。

また、0才児は39度台の熱となったため、
解熱剤の措置をしてもらいました。

4月14日火曜日、9時頃、
小児科から電話がかかってきました。

上の子の血液検査の結果、特に異常が見当たらなかったそうです。
原因特定が出来なかったので、保健所にPCR検査を
相談しているとのことでした。

同日10時頃、
小児科から再連絡があり、保健所にて検査協議しているとのことで、

決まり次第、保健所より連絡がくることになりました。

10時15分頃、
保健所より連絡があり、家族全員のPCR検査が出来ないか

医療機関に問い合わせていると伝えられました。

10時30分頃、
保健所より再連絡があり、医療機関が混み合っているため、

家族全員ではなく、上の子と付添である私が
PCR検査をすることになりました。

10時35分頃、
会社にPCR検査を受けることになったと伝えました。

会社もパニック状態で業務を休業にするか否かの
対応で大変そうでした。

11時頃、
保健所より連絡がありました。

コロナウイルスの検査のため入院が必要となる。
子供一人での入院は出来ないので、
お父さんも一緒に検査入院となると伝えられました。

15時に●●総合病院のロータリーに来てください。
公共交通機関は使用せずに自家用車で来てください。
必ずマスクを着用してください。

隔離病棟に入院となるため、面会は出来ません。
売店にもいけません。洗濯もできません。
外出が禁止されます。
所定の場所での入浴は可能です。

お子さんのお菓子、おもちゃ、多めの服などを
用意してお越しください。
と伝えられました。

15時までにバタバタ用意して、病院に到着しました。

病院のロータリーから、病院に電話連絡したところ、
館内から男性職員2名がやってきました。

車内から保険証を渡して、
PCR検査同意書、入院同意書などを記載しました。
その後、病院内に引率されました。

病院入口の直ぐ側の部屋に入るように促されて、
入出したところ、マスク、ゴーグル、防護服、手袋、
といった完全防備の
お医者さんと看護婦さんがおりました。

異様な雰囲気で、子供はとても怖がってしまいました。

・症状について問診されて、
・体温、血圧などを測定されて

いよいよPCR検査です。

どのような検査かと思っていたら、

インフルエンザの検査と同じでした。
綿棒のような棒を鼻奥に突っ込まれます。

私は、この検査が大嫌いなので拒絶したのですが、

保健所からの通達ですので、覚悟してください。
と、鼻に棒を突っ込まれました。涙

痛い・・・

そして、次に子の番です。

恐怖心から泣き叫んで暴れる子を必死に押さえつけて検査です。
傍にいてとても辛かったです。

そして、検査が終わった後、
レントゲン撮影をしました。

その場で、レントゲンの画像を確認して、
肺炎の疑いはあるものの、この程度なら
入院はせずに自宅待機で良いと判断されました。

入院しなければならないと思っていたので、
一安心でした。

PCR検査の結果は、順番待ちとのことで、
翌日もしくは翌々日になるそうです。

それまで自宅待機で結果を待つことになりました。

もしも、陽性の場合は、家族全員PCR検査を受けて、
全員の症状が回復するまで隔離入院となるそうです。

成人の軽度症状の人は、ホテルに隔離されるそうですが、
子供がいる場合は、病院に入院となるそうです。

会社に連絡して、PCR検査が終わったことを伝えて、
結果を待つことになりました。

自宅に帰ることが出来たので、妻に報告して、一安心です。

翌日、小児科から電話がかかってきて、
体調の確認をされました。

入院となると、2週間程度、隔離されてしまいます。
少なくとも2回PCR検査をして、2回陰性となったら、
退院できるそうです。

いろんな不安が頭をよぎりました。

子供が肺炎になり、新型コロナウイルスに感染していたら、
保育園、学童、小学校、会社、病院などが、
消毒のため、お休みになるかもしれません。

色んな人に迷惑かけることになるので、
とても負い目に感じていました。

でも、子供も、なりたくて体調不良になったわけではなく、
マスク着用、うがい手洗いなど徹底していましたので、
関係各位に申し訳ない気持ちもありましたが、
不可抗力なので、コロナに感染したからと
バイキン扱いをされて、感染者を責めるのはやめてもらいたいです。

妻からも、もしも、コロナに感染していたら、
保育園、学校、学童などに迷惑かけるから、
PCR検査しない方がいいのでは?
PCR検査をしたら、会社での立場も悪くなるのでは?

と、心配されました。

もしもコロナに感染したら、多方面に迷惑がかかり、
会社をクビになるかもしれないからと
受診しない人もいると思います。

その気持ちは、とてもわかります。
私も、PCR検査を受けて陽性だったら、
職場での立場や私の扱いがどうなるのかと、とても心配でした。

実際、会社からも引っ切り無しに電話がかかってきて、
症状だったり、時系列をしつこく聞かれました。
会社は、事業存続の心配のほうが大きいので、仕方がありません。

しかし、ヒアリングされている側の精神的苦痛は結構なものでした。

コロナかもしれない状態のまま、
だましだまし職場に行くことは絶対にやめてください。

風邪の症状が現れたら、出勤せずに自宅待機しましょう。
症状が良くならないなら、病院へ受診してください。

小児科に子供を連れて行ったところ、
いつもよりも患者さんが少なくて驚きました。
どこの病院も患者さんが少ないそうです。

普段は、大したことなくても受診しているのに
有事のときは、発覚が怖くて受診しない人がいるそうです。

一人一人の行動が、コロナウイルスの封じ込めに繋がります。

コロナウイルスの疑いがある場合は、
無理をせず、隠さずに受診してください。

私は、子供の付き添いもあり、
PCR検査をすることになりました。

自覚症状がほとんどなくても、陽性の場合もあるそうです。

コロナウイルスは他人事ではありません。
そして、感染した人の精神的ダメージは非常に大きいです。

明日は我が身です。
徹底した対策と、万が一の場合に備えて、覚悟をしてください。

私は、自分は感染しないとの根拠のない自信があったのですが、
実際に、PCR検査をすると、かなり凹みました。
メンタル病みました。

誰しもなりたくてなったわけではありません。
感染リスクを減らすためにも、出来ることはやりましょう。

今では、コンビニやスーパーに行ったら、
レジの前にビニール幕があり、
飛沫感染を防止するように
なっていると思います。

しかし、レジが終わってから、袋詰をするスペースは
何も対策がされておらず、お客さんでひしめき合っていました。

そして、驚くほどにスーパーに人が多いです。
いつも以上にスーパーに人が多く感じます。

学校も休校となっているため、子供連れも目立ちます。

PCR検査の辛さを感じた私としては、
少しでもリスクがあることは極力控えたほうがよいと思います。

今までの普段の生活が一転します。
今のうちに出来ることは準備しておきましょう。

私の場合、隔離入院と言われて、
キャリーバッグの最大サイズに荷物を詰め込みました。

最初は、通常のキャリーバッグにの荷物を入れたのですが、
全然容量が足りませんでした。

・洗濯できない
・買い物できない
・子供のおやつ、おもちゃ

この条件で緊急入院となるので、
荷物がとんでもなく多くなります。

しかも、体調不良のなか当日中に支度しないといけません。
なかなか大変でした。

PCR検査を受けた翌日の夕方に、
総合病院から電話連絡があり、結果を伝えられました。

幸いにも新型コロナウイルス陰性との診断でした。

安堵した瞬間でした。

私の場合は、運が良かったですが、
実際には、多くの方が毎日コロナウイルスに感染しています。
私も、いつ感染するかわからない恐怖があります。

今までは、どうしても他人事として思っていたのですが、
PCR検査をしたことで、身を持ってコロナウイルスの
恐怖を痛感しました。

コロナウイルス自体の恐怖もありますが、
その他、会社、学校などの影響の大きさが問題と感じました。

どうしても、肩身が狭くなってしまいます。
自責の念にかられて、自殺する人が現れるほどです。

もしも、ご自身や家族の方がコロナウイルスに感染しても、
どうか自責しないてください。

また、同僚、友達などが、万が一コロナウイルスに感染したとしても、
厄介者扱いはしないでください。

コロナウイルスの恐怖は、体調不良だけではなく、
社会的損失、精神的苦痛が大きいことが問題だと思いました。

タマホームでマイホームを建築中なので、
私は、今倒れるわけにはいきません。

住宅が完成したら、万が一の時は、団信でローン完済できるので、、、
いや、そんなこと考えたくないですね。

PCR検査をして、
コロナウイルスには今まで以上に注意したいと思いましたし、
これをご覧頂いているあなたも、
今以上にご注意いただけたらと思います。

体調不良でしんどい中、職場からの連絡、学校などの対応などで、
心身ともに疲弊しました。

はやくコロナウイルス問題解決してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です