【3月】転勤族だった私がマイホームを建てようと思った理由 その1

 

こんにちは

ヒロです。

 

転勤族だった私がマイホームを建てようと思った理由 その1

転勤と出張三昧でした。楽しい思い出も多かったですが、
子供が出来てから環境がガラリと変化しました。

【2019年3月の出来事です】

長年、転勤族だった私は、
12年間、各地を転々とし賃貸マンションに住んでいました。
転勤があるので、マイホームを持つことは夢物語でした。

このまま転勤族を続けていけば、
いずれは、子供が通っている幼稚園や学校を転校させることになる。

単身赴任は、家庭環境的に厳しい状態でした。
そんな中、今年の3月に次の転勤話が会社から舞い込んできて、
今後の人生を大きく左右する決断をすることになりました。

新しい職場は、今住んでいる場所から通えなくはない距離なのですが、
片道1時間30分程度かかります。

さらに新規事業の立ち上げのため、
4月から半年間の長期出張が必要でした。

会社から転勤辞令が出され、
小さな子供2人と妊娠している妻を残して半年間、長期出張するか、
どうすればいいか、めちゃくちゃ悩みました。

妻と今後について話し合いました。
会社の上司にも相談しました。

そして、私が出した決断が、
転勤を辞退し、地元で働くという選択肢でした。

あの時、我慢して乗り越えていれば、
また違った未来が待っていたのでしょう。

しかし、私は仕事よりも家庭を優先しました。

上司に頭を下げて、
新規事業立ち上げを辞退しました。

会社に迷惑をかけてしまいましたが、
退職ではなく、残留措置をして頂きました。
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、
私は、小さな子と妊娠している妻を残して、
新天地に行く決断は出来ませんでした。

上司から、
「子育てに専念することを選んだのなら、今は子育てを頑張れ。
そして、数年後、また落ち着いたら挑戦してほしい。」
と言われたときは、良い上司に恵まれたなーと感激しました。

とはいえ、職場には多くの人がいるので、
現実は、なかなか厳しいものでした。

転勤が出来ないとなると、評価は下がり、
窮地に追いやられる感は否めませんでした。

それでも、副業でもなんでもして、
とにかく今を乗り越えることに専念して、
現状を打開しようと奮闘しています。

そんな3月の出来事でした。

今振り返ると、
結構、悩み苦しみながらも家族との時間を優先しました。

上司からの理解は得られたものの、
周りからの視線は痛かったなぁー

あのまま同じ職場にいたら病んでいたかも。
5月から別部署に異動になり、心機一転、頑張っています。

次回は、5月の出来事を投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です