#2 注文住宅後悔ポイント【土地編】土地購入前に確認するポイント

こんにちは

ヒロです。

#2 注文住宅後悔ポイント【土地編】335万円余計な手数料が発生

前回の続編になります。

前回の記事はこちら

注文住宅を建築する際の正しい手順だったり、
何から着手したらよかったかなど、後悔ポイントが沢山あります。
私みたいに失敗しない、損をしないようにこの経験談が少しでも参考になれば幸いです。

後悔ポイント1:土地を決めてハウスメーカーを探した
後悔ポイント2:土地を決めるときに、仲介手数料や登記費用などの手数料を考えていなかった
後悔ポイント3:解体が必要な土地を購入してしまい、よくわからないまま解体をしたので、余計な費用がかかった
後悔ポイント4:住宅ローンの金利と手数料をしっかりと吟味する時間がなかった

20万、80万、165万、70万、→合計335万円余計な手数料がかかってしまいました。

今思い出しても、失敗ばかりで、胸が痛みます。

今回は、後悔ポイント2を紹介します。

後悔ポイント2:土地を決めるときに、仲介手数料や登記費用などの手数料を考えていなかった

土地は、ハウスメーカーに相談して決めることをオススメします。
素人が何も考えずに土地を購入するのは危険過ぎます。
私のように予想以上の費用を支払わないように十分に注意ください。

今思うと、ハウスメーカーさんの紹介してくれる土地だったり、
分譲地が良かったかなーと後悔しています。

今までも何度か紹介していますが、
私は、楽天やアマゾンでショッピングをする感覚で、
スーモやアットホームを確認して、気に入った土地を購入しました。

安い土地を購入すればまだ良かったものの、
予算ギリギリの高い土地を購入してしまいましたので、
建築の資金計画が苦しくなってしまいました。

例えばですが、、、

スーモでの土地価格2,000万円

分譲地か個人所有地かで土地価格の意味が全然違ってきます。

大体、分譲地の方が土地価格が高いので、
私は敬遠していました。

でも、それは間違いでした。
分譲地が高い理由はきちんとありました。

・仲介手数料が不要なことが多い(建築条件付のケースもありますが、、、)
・確定測量済みである
・更地にしてあり、予期せぬ費用が発生しにくい
・土地の形が綺麗で無駄がない
・売主、近隣住民、不動産屋とのトラブルが少ない

私は、個人所有地の売買だったので、
本当にトラブルが多かったです。

個人所有地の土地は、
スーモなどの不動産サイトに掲載してある金額では
購入できません。

例えば、土地が2,000万円の場合、

不動産仲介手数料
土地の売買価格に対して3%+6万円+消費税
66万円+税=72.6万円も仲介手数料が必要になります!

それだけではありません。
土地の所有権移転に関する登記費用というのがかかりまして、
それが、20万〜25万円ほどになります。

つまり、
スーモの土地価格2,000万円+100万円(手数料)
くらい必要になります。

さらに、解体費、地盤改良費、水道、ガス引込費、
つなぎ融資などなどの費用が必要になります。

そんなの当然でしょ!

と言われたら、それまでなのですが、
私は、恥ずかしながら何も知りませんでしたので、
建築資金が苦しくなってしまいました。

分譲地やハウスメーカーから紹介される土地の場合は、
不動産屋さんへの仲介手数料が不要な場合もありますので、
確認されてください。

何も知らずに土地を契約すると痛い目にあいますので、
ハウスメーカーさんに相談しながら土地選びをオススメします。

土地契約だったり、
その後の解体の打合せだったり、
自分で対応しなければならず苦労しました。

お金も大変だったし、
手続きなどにも時間がかかって大変でした。

土地を購入する際は、
しっかりと事前に調べて、
またハウスメーカーさんに相談して、
決めることをオススメします。

自分が気に入った土地を購入する場合は、
足元を見られて価格を釣り上げられたり、
素人には気がつかないトラブルがあったり、
色々と気をつけないといけません。

またご要望ありましたら、
次回は、後悔その3をお伝えします。

後悔その3では、解体費用と水道設備など、
土地の重要事項説明のワナだったり、
土地絡みには色々と苦労しました。

今回は、後悔ポイントの紹介でしたので、
次回は、明るい話題の動画にしたいと思います!

私が採用した楽しみな設備!
お得な注文住宅の建築方法!

こんな内容を投稿したいと思っております。

ぜひぜひチャンネル登録をよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です