私がタマホームの大安心の家に決めた理由

こんにちは

ヒロです。

私がタマホームの大安心の家に決めた理由

転勤を辞退して、サラリーマン崖っぷちの私が、

あろうことか、マイホームを夢見てしまい

建売住宅に憧れ

注文住宅に憧れ

たどり着いた場所がタマホームさんでした。

諸事情により予算ギリギリで、
お先真っ暗な私の人生を賭けた奮闘記です。

予算が少ない私でも建築できる可能性があると、
タマホームさんからシフクノいえをオススメされました。

貧乏子沢山の私には可愛い子供が3人います。

シフクノいえの間取りで
スキップフロアのプランがあったので、
どうにかそちらを採用したかったのですが、

1階に一部屋ほしいとの妻の要望を優先しました。

そして、子供が3人いるので、
シフクノいえの5LDKを建築しようと決めて、
タマホームさんで契約しました。

ちなみに契約金は人によって減額できるそうです。
20万~100万円が一般的みたいです。
契約金はなくなるわけではなく、
建築費用に充当されるのでご安心ください。

万一、契約解除する場合は、
11万円を差し引いて返金となるそうです。

と、いうわけで5LDKのシフクノいえを建築しようと
見積もりを出したところ、私のワガママを叶えるため
追加オプション費用が300万円と中々高額になってしまいました。

それならばと、タマホームさんから大安心の家をオススメされました。

大安心の家の方が、シフクノいえよりも価格が高くて
予算的には厳しくなります。

そこで、間取りを工夫して、建築面積を最小限にすることで、
コストを抑えるように奮闘しました。

私が大安心の家を選んだ理由は、
大きく3つです。

・窓の性能に拘りたい
・洗面所と脱衣所をわけたい
・水回りなどが充実していた

一つ目ですが、

・窓の性能に拘りたい。

以前住んでいたマンションは、
アルミサッシの単層ガラスで、
冬場になると結露がひどくて大変でした。
カーテンはびしょびしょになるし、
カビは生えるし、玄関回りの結露も酷かったです。

そんな過去の経験から、窓の性能には拘りたかったのです。

シフクノいえで窓の性能をあげると、
約80万円との見積もりがでました。
そして、断熱性能を上げると、更に約20万円となり、
合計100万円位追加になる可能性がありました。

準防火地域なので、シャッターが必須となり、
追加費用が割高になるそうです。

大安心の家は、
標準でアルミ樹脂複合サッシ、Low-eペアガラス、
特典でアルゴンガス入りで、シャッターも標準でした。

窓の性能で、差額オプション代が相殺されることになりました。

準防火地域でなければ、
シフクノいえがお得なのは間違いないです。

大安心の家では、YKKさんのキャンペーンで樹脂サッシを選択できる事がありますので、
樹脂サッシ(APW330)がより高断熱で結露しにくいのでオススメです。
私も樹脂サッシにしたかったです。

とはいえ、予算にも限りがあるので、
窓の性能が低いなら、窓を付けなければいいやと考えを改めました。

二つ目ですが、

・洗面所と脱衣所をわけたい

息子も娘もおりますので、
狭くてもいいので脱衣所を別にしたいとの意向がありました。

私は朝シャワーを浴びることが多く、
子供達に迷惑をかけたくないため、脱衣所を別にすることが出来る
自由設計が助かりました。

三つ目ですが、

・水回りなどが充実している

タンクレストイレ
浴槽のプッシュ栓
TOTOの浴槽が選択できる

この3点が決め手になりました。

特に浴槽のエプロン内部の掃除をしなくていい
TOTOの浴槽
が良いなと思いました。

今のマンションの浴槽は、
定期的にエプロン掃除をしないといけないのですが、
私にはこの掃除がとても辛いので、ありがたいです。

以上の3点が決め手となり、
シフクノいえで契約後、大安心の家に変更しました。

準防火地域でなく、
間取りに問題がなければ、
シフクノいえはリーズナブルに建築できるので、
とても魅力的です。

それぞれに合ったプランを選択すれば、
どの商品も満足されるものと思います。

限りある予算の中で、
素敵なマイホームが建てられるように
これからも頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です